草ストロー の導入始めました!(2021.07.12)

草ストロー の導入始めました!
丘の上のパン屋です。

草ストロー の導入始めました!

「プラスチックのストローは、プラスチック製品の中でも小さく、リサイクルしにくいためゴミとなって環境汚染に繋がることが多い」ということは分かっていても、紙ストローに変えることはまた何か違う影響が出てしまうのではないかと思い足踏みしていました。
しかしそこで出会ったのが草ストローです。
何がいいのか、何が正しいのか長い目でみて正解が何だったのかは誰にも分かりません。
様々な考え方や選択肢がある中で、よく考えて、よく見据えて、自分の信じる道を生きたいと思っています。
私たちは何よりこの会社を立ち上げた学生の若者の力に感銘を受け、応援したいと思いました。

紙よりもふやけにくく、無農薬無添加のステキなストローです。
※使用前は、乾燥していて、最初はパリッとするので潰さないでください。使用しているとだんだん耐久性が増し、割れにくくなります。
もしストローが不要な方は、おっしゃってくださいね。それが一番です。

それにしても新しくなった丘パンのロゴやシールともぴったり♪
新しいイメージカラーは「オリーブ色」のはずだったのですが、この際愛を込めて「草色」にしよう!

以下、草ストローの紹介をHPより抜粋しております。
長くなりますが、お時間がありましたらぜひご参考下さい。

『草ストローブランド「HAYAMI」(https://www.hayamigrassstraw.com/)は三人の若者によって立ち上がりました。

日本は先進国と呼ばれているにも関わらず、サステナビリティや環境に対する意識は低く、目先のコストばかりを考え、大量生産・大量消費が当たり前のように行われています。
そこで、私たちはサステイナブルな日本を実現するために、草ストロープロジェクトを立ち上げました。

地球無くしてはビジネスだけでなく、人間が生活することもできません。愛する人や大切な人が将来住みやすい世界を築くためには、今を生きる私たちが行動を起こす必要があります。一人一人の日々の生活の小さな変化が地球の未来を変える大きな変化に繋がります。

私たちは、草ストローという小さな変化ではありますが、たくさんの小さな変化を生み出すことで持続可能な社会構築に貢献していきたいと思っております。

草ストローは完全自然由来・生分解性のため、道端の草木と同じように分解されます。
無農薬で保存料や添加物は一切使用していない
安心安全な製品です。

ベトナム・ホーチミン郊外の農村で製造されており、雇用が減少する現地の農村や印刷会社、若者の雇用創出にも繋がっています。
極端に値段を下げず、適正な値段で購入/販売しているフェアトレード製品になります。

本製品は、高温殺菌・UV殺菌を行っております。
一般社団法人食品分析センターで実施される衛生検査を(ヒ素、重金属、ホルムアルデヒド、大腸菌群、一般生菌)通過しており、日本の方々が安心して使用できる高い安全性を実現しております。

関連記事

  1. おかげさまで完売御礼申し上げます(2019.03.13)

  2. 2019年7月の営業日

  3. 2021年3月の営業日

    2021年3月の営業日

  4. おかげさまで完売御礼申し上げます(2019.06.23)

  5. おかげさまで完売御礼申し上げます(2019.04.07)

  6. 4/1(水)~12日(日)まで引き続きイートイン席は閉休させて頂きます(2020.03.30)

    4/1(水)~12日(日)まで引き続きイートイン席は閉休させ…

最近の記事

  1. 夏の焼きドーナツ新作登場です!「無農薬レモン」「宇治抹茶と黒豆大納言」(2022.07.02)
  2. 本日のさくらんぼは、「大粒さくらんぼ」紅秀峰を使用しています(2022.07.02)
  3. 猛暑が続いておりますが、皆様お越し頂きまして本当にありがとうございます!(2022.07.01)
  4. 暑い季節に好評いただいています「焼きカレーパン」ぜひお召し上がりください(2022.07.01)
  5. 2022年7月の営業日のお知らせ