パン・ドリンクについて

試作(2017.11.07)

毎年ちょっとづつ配合を変えているシュトーレン。 自分の中ではいちをテーマを決めていて、一昨年はフルーツを味わうシュトーレンでフルーツを沢山配合。 昨年はナッツが沢山、食感を楽しめるシュトーレンに。 そして今年は香りを!と思いバニラを贅沢に配合してみようと試作を始めました。 きっかけは、今年のクリスマスケーキを予約した時です。 私達家族が皆大好きなお店で、とても尊敬している先輩が作るケーキがバニラづくしのアントルメだったのです。 ヒント頂きました。ありがとうございます。 自分の好きな物を再発見でき、それではシュトーレンにもいれてみようと思ったのです。 スパイスとのバランスなど考えながら最高のシュトーレンに仕上げます。 丘パンでは来年になってしまうのですけど、今年はラシーヌでお願いします。
パン・ドリンクについて

シュトーレン(2017.11.06)

現職場、池袋ラシーヌでは毎年1000個以上売り上げる季節限定の人気商品。 その準備が着々と進んでおります。 毎年少しずつ配合を変え進化しています。 地元の犬友さんにも好評でかなりの数を毎回予約して頂いております。 来年は丘パンでももちろん販売いたします。 シュトーレンが好きな人も、ちょっと苦手という人も良い意味でびっくり驚く味わいになっています。 もし気になっていただけたら、今年は池袋ラシーヌでお試し下さい。 販売開始は今月下旬頃を予定しております。 どうぞよろしくお願いします。
パン・ドリンクについて

サンドイッチ(2017.10.20)

食パンのサンドイッチを作りたくて毎回、どうやって包もうか?やはりパックにいれる?と悩みながら商品化できていなかったのですが、ある動画を見つけて、アレンジを少し加えて完成しました。 ありがとうございます。 今は池袋ラシーヌで販売しているのですが、大好評。 具材を色々作れるので楽しんでサンドできます。 今は自家製低温ローストポークと スパイシーチキン レストランに研修に行ったおかげで色々広がってます。 ブリトーの試作をしている時に思いつきました笑。 野菜も盛りだくさん。野菜を食べるサンドイッチ。 丘パンでもこれにスープやドリンクが付いたランチセットやテイクアウトでも考案中です。
開業準備・改装

ショップカード案 その1(2017.10.18)

いつも困ったり、悩んだりすると知恵や才能を惜しみなく貸してくれる家族達。 丘パン最強のチームメンバーの家族の兄夫婦と、ロゴやショップカードの話をしていたらとてもイメージに近い形にしてくれました。 文字のフォントは切り絵にて作成。 そしてそれを彫刻で彫って版画ですり文字にします。 ショップカード全体を食パンに見立てて。 絶妙な色彩がとても美味しそう。 これをそのままカードにプリントできるか?という問題はありますが、何はともあれ、力強い仲間が身近にいるものだ、と頼もしく思えました。 ありがとう。 また正式に確定していく過程もあげていきたいと思います。
パン・ドリンクについて

栗(2017.10.14)

10月になると秋って感じがします。 この頃こちらの栗🌰のパンを販売する予定です。 この商品はラシーヌに入社して2年目、色々な商品開発をし始めて、初めて。 爆発的なヒット商品となった思い出の一品です。 パウンドケーキのようなパン。 日にちが経つ事に味わいが変わり、個人的には2、3日目が1番美味しいかなと思います。 家族からも栗パンいつやるの?と言われるので、丘パンでは家族に言われたその時を販売開始日としようかななんて思ってます笑 来年まで待てずに食べてみたいと思って頂けたら、是非池袋ラシーヌまで来てください。
パン・ドリンクについて

長野県ライラック農園(2017.10.11)

去年の初めの展示会で知り合えた農家さん。 洋梨とりんごを中心に栽培しています。 現職場ラシーヌでもお付き合いさせて頂いてます。 りんごのシーズンが始まり紅玉を届けてもらいました。 紅玉の酸味は本当にお菓子にぴったり。 是非丘パンでも使わせていただく予定です。
開業準備・改装

家族の芝生植え(2017.10.09)

前回の芝生植えの続きを今回は家族総出で行いました。 たまたま帰国していた姉も大活躍愛犬のニコも一緒に頑張りました。 急斜面での芝張りは重労働。本当にありがとうございます。️ 芝張り直後の水やりは想像以上に長時間行わないと芝の根がはらないようで、こちらも皆に協力してやっています。 来春には緑の芝生の丘で皆様をお迎え致しますのでこちらもお楽しみに。
パン・ドリンクについて

人と麦〜スペルト小麦について〜(2017.10.01)

「人と麦は昔から仲良しだったんだよ」その2 先日お伝えした、スペルト小麦(古代小麦)を100%使用したいい感じのパンです。 小麦の特性から機械を使わず手で仕込みました。 その後、美味しさを引き出すために24時間ゆーっくり発酵させます。 焼き上がりの表情も野生的な感じに。 玄米を食べているかのような甘みのなかに、穀物の旨味が感じられます。 より多くのかたに、本物の「パン」を届けられるように更に美味しくしていきます。
パン・ドリンクについて

水(2017.09.30)

〜ホリスティック栄養学量子力学的講演会〜 聞きなれない分野の講演を聞きにいってきました。理由は、私達に必要な栄養を分子レベル、厳密にはそのしたの原子、素粒子レベルで考えている方の話を聞ける機会はそうないと思ったからです。 そしてそれは私達が丘パンで大切にしていきたい事に通じ、食べ物でどれだけお客様の健康に貢献できるかです。 私達はこの講演でも伝えていた「水」にこだわります。 全ての形ある物体には必ず「水素」があるそうです。人の身体も成人では75%が水分。 人の健康を語る上で、細胞レベルで考えても大切な水分。水の重要さや効果、種類はここでは書ききれないので、少しづつ伝えられればと思いますが、丘パンで使用する「水」は食材、身体、全てのエネルギーあるものを活性化させるような「水」を使用します。 少しでも皆様の健康の助けになればと思います。 今回の講演でお話ししてくれた「細谷ゆかり先生」 アメリカ🇺🇸認定でもあるこの分野のスペシャリスト 講演中、ちょいちょい絡まれてましたが😓そのお詫びにと名刺を頂きました。 終了後も少しお話しをし、とても刺激と勉強になる一日でした。 丘パンのパンも水によってどれだけ変わるか私達自身も楽しみです。
開業準備・改装

修行してきました〜その②(2017.09.28)

今回またまた、私たちの大好きなレストラン「caress」の平山シェフのもとにお邪魔してきました。 前回は「火入れ」がテーマだった気がしますが、今回は「出汁」と「バランス」だったと思います。 相変わらずやる事1つ1つが理にかなっていて、新しい発見ばかりで脳が踊っていました。